投稿日:2020年8月27日

教えて!耐震工事ってどんな仕事?

こんにちは!東京都小平市に事務所を構え、型枠工事・耐震工事を承っています型枠業者の株式会社新見工務店です。
弊社で手がけております型枠工事は、建物を建設するうえで大変重要な工事です。
完璧な型枠をつくることにより、安心して長く使われる建物を施工いたします。
しかし、昔ながらの木造住宅は地震に備えた耐震技術が施されていません。
そこで今回は、現在お住みの木造住宅に耐震技術を施す方法をご説明します。

地震に備え建物の補強をする


基礎からつくる耐震工事
古い木造住宅では鉄筋を用いた技術で建てられていないため、基礎を見直す必要があります。
その方法は基礎の部分をコンクリートで補強することです。

接合部の耐震工事
古い木造住宅では接合部分が金属で補強されていません。
木造住宅では壁や張りが一体となって地震に耐えるように建てられているため、一か所でもずれてしまうと接合部が抜けたりつぶれたりしてしまうことがあります。
その結果、住宅の倒壊の原因になることがあります。
そうなることを防ぐために、接合部を金属で補強するのです。

屋根の耐震工事
古い木造住宅の場合、屋根材に土瓦が使われていることが多くあります。
土瓦は現在の瓦より重量があるので、注意しなければいけないことがあります。
地震が起きたときに土瓦の重さにより建物が耐え切れなくなり、建物が倒壊してしまう可能性があるのです。
したがって、屋根材を軽量で丈夫な屋根材に見直しする補強工事をします。

壁の耐震工事
木造住宅の壁は最も地震に弱い部分です。
細かい筋が入っていないし、窓や戸など開口部分が多い面は、特に地震の揺れに弱いとされています。
補強方法としては壁を新設することです。
また、既存の梁や柱を補強することにより、既存の壁を耐震にする方法です。

人々に安心を与える仕事

地震大国と呼ばれる日本は、いつ地震が起きてもおかしくありません。
そのため現在建てられている建物は、地震に備え耐震技術が施されております。
しかし古くから建てられている木造住宅は、地震に備えた耐震技術が施されておりません。
そこで木造住宅に耐震補強をする工事が必要になります。
耐震工事は人々に安心を与える仕事です。

【求人】新見工務店では新規スタッフを募集中!


現在新見工務店では一緒に働いていただける現場スタッフを新規募集しています。
弊社では未経験の方でも、元気で明るくまじめな方なら積極的に採用いたします。
雇用形態のご希望もお伺いしますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。
お気軽に採用情報からご連絡ください。
弊社スタッフ一同心よりお待ちしております。
最後までご覧いただき誠にありがとうございました。

株式会社新見工務店
〒187-0001 東京都小平市大沼町4-46-14
電話:042-348-3085 FAX:042-348-3085


関連記事

一緒に働いている仲間&わんちゃん&フグの件

一緒に働いている仲間&わんちゃん&フグの…

こんにちは!東京都小平市に拠点を構えて、多摩地区を中心にその近郊で型枠工事や耐震工事を行なっておりま …

新しい仲間が増えました!

新しい仲間が増えました!

こんにちは!東京都小平市に拠点を構えて、多摩地区を中心にその近郊で型枠工事や耐震工事を行なっておりま …

ホームページを開設しました。

ホームページを開設しました。

株式会社新見工務店では、新たにホームページを開設しました。 これまで以上に施主さまにご満足いただける …

採用情報 お問い合わせ